毕业论文

当前位置: 毕业论文 > 范文 >

日语论文从《狼的孩子雨和雪》看细田守亲子观

时间:2019-08-08 18:38来源:六维论文
『おおかみこどもの雨と雪』から見た細田守の親子観,日语论文从《狼的孩子雨和雪》看细田守亲子观

摘要《狼的孩子雨和雪》是2012年七月二十一日在日本上映的动画电影,由日本动画导演细田守执导。动画主要讲述女主角花爱上狼男,开始了一场人狼之恋,生下一对可爱的狼之子姐弟,然后养育他们长大的十三年间的故事。这部作品的主题是亲子关系。周诗妤《从叙事学视角浅析细田守动画——狼的孩子雨和雪》一文中,从角色、故事结构等相关方面分析了亲子感情,探究了这部影片。本文通过母亲花抚养孩子长大的13年间的故事,来深入解析导演所表现的亲子观形态,简单分析影响亲子观的因素。母爱是宽容而伟大的,最能戳中人心使之真情流露。随着社会的发展,亲情观念变得越来越淡薄。我们需要用一种全新的亲子观念——民主的亲子观来和孩子相处。希望我们在观看影片的感动之余来关注一下家庭伦理的核心内容——尽孝与亲子。38326
毕业论文关键词:细田守  亲子观  亲子关系  亲子观形态  
要旨
『おおかみこどもの雨と雪』は2012年七月二十日に日本で上映されたアニメえいが、それは日本アニメージョン監督細田守監督である。アニメメインヒロインが「花とオオカミ男が人と狼の恋に始まった、可愛い狼の子のしていを産んで、そして育てての13年間のものがたり」を語る。このさくひんのテーマは親子関係である。周诗妤は『バラード学の角度から細田守のアニメを見て』という文で、キャラクター、物語構造などの方面に関する親子感情を分析して、この映画を研究した。本論文は母親が子どもを育て育ちの13年間の物語で、監督が表現の親子観の形態を深く解析して、親子観の影響因子を簡単に分析する。母性愛は寛容で偉大で、人の心の感情が現れる。社会の発展につれて、親心の観念は薄くなる。私たちと子供の付き合い方式は新しい親子観念―民主の親子観が必要である。私たちは映画を観覧に感動すると同時に、家庭倫理の核心の内容――親孝行と親子を了解することを希望する。
キーワード:細田守 親子観 親子関係 親子観形態  
 目 次
1 はじめに1
2 細田守と『おおかみこどもの雨と雪』について1
 2.1細田守の人物紹介と彼の作風1
 2.2物語のあらすじと創作の背景2
3『おおかみこどもの雨と雪』から見た親子観3
3.1 親子観の形態3
3.2 親子観の影響因子6
4おわりに7参考文献8
謝辞9
 『おおかみこどもの雨と雪』から見た細田守の親子観
1はじめに
2011年3月11日、日本東北部海域でマグニチュード9.0の地震と津波を発生した。2012年、『おおかみこどもの雨と雪』は日本で上映された。その物語のセンターは、母親の花である。細田守監督の言葉によると、3月に発生した地震は彼を再開親子の絆を考えて、彼はこの映画を通じて「理想の母」を築いていくことを期待していると話した。自分を体験したいの憧れは映画化になった。高速発展の現代社会制度が人の本性を抑制した。映画の中で監督をつじて表現の愛について、家について、成長について、親子観念の形と影響因子を総括して、私たちは愛の真の意味を悟って、調和の親子関係を形作る。まず、細田守と彼の作品を認識することから始まった。

2 細田守と『おおかみこどもの雨と雪』について

人を理解するなら、彼の人生の経歴と作品の風格を分析する。そして作品を理解することはそれの創作背景と内容を見る。 日语论文从《狼的孩子雨和雪》看细田守亲子观:http://www.lwfree.cn/fanwen/20190808/37280.html
------分隔线----------------------------
推荐内容