毕业论文

当前位置: 毕业论文 > 英语论文 >

日语论文日本武士道的忠义观分析

时间:2019-07-30 19:45来源:英语论文
日本の武士道の忠義観について,日语论文日本武士道的忠义观分析

摘要武士道曾在日本历史中发挥过重要作用,是一种颇具代表性的日本文化现象,也是理解日本人思想的关键所在。这篇论文主要研究日本武士道的忠义观,结合历史和书籍进行研究。武士一开始出现时,便以“忠”为基础与主人结成了主从关系。这种关系要求武士必须绝对效忠主人,切腹成为了效忠的行为方式之一。对主君的忠诚是武士的基本要求,这种思想后来也成为武士道的核心思想。围绕武士道和忠义的探讨构成当代研究日本人的重要思想课题之一。现如今虽然不存在握刀行天下的武士,但武士道精神却深深的影响着日本人的社会生活。37665
毕业论文关键词:日本  武士  武士道精神  忠义  切腹  
要旨武士道は日本の歴史の中で重要な役割を発揮し、日本の代表的な文化現象、そして日本人の思想を理解する鍵となる。この文章で本と歴史によって日本の武士道の忠義観を研究する。侍が現れ始めた時、「忠」をベースに、飼い主と主従関係を結ばれた。この関係は武士に忠誠を要求しなければならない。切腹も忠誠の行動様式の一つになった。主君に忠誠することは武士の基本的な要求になっている。このような思想は武士道の核心となる。武士道と探求をめぐった忠義は現代の重要な課題になっている。今は刀を握って天下を回っていたの武士が存在しない。でも、武士道の精神は日本人の社会生活に深く影響している。
キーワード:日本  侍  武士道精神  忠義  切腹
目 次
1 はじめに1
2 武士道の源と発展1
3 武士道の精神3
3.1武士道の忠義観3 源-自*六'维:论.文]网[www.lwfree.cn
3.2武士道の忠義観の影響5
4おわりに6      参考文献8
謝辞9
日本の武士道の忠義観について 
1 はじめに
武士道は普通に言えば「武士の訓条」である。そして日本の封建制度に武士階級の道徳規範だった。武士道は主に義、勇気、仁、礼、誠、名誉、忠義の7つの方面がある。武士道は暗黙の法令制度ではない。ただ、先祖から聞いて後輩に伝える規則、あるいは有名な武士や学者の伝わる格言である。これらの文章にならない規則は武士の行動に対して拘束力がある。武士道は武士の心の奥に一部律法のように刻む。それはある輝かしい生涯人物の産物ではなく、数十年、数百年の侍の精神の有機的な発展を形成している。武士は形成した始め強い集団意識を確立した。武士は戦場で勇敢に戦う、主人に忠義観を守るのは武士の個人や武士団の基本的な要求である。これらも武士団の組織を維持する重要な思想の柱である。
忠義、すなわち上級に服従と忠誠を尽くす。武士道の忠義は独特性がある。武士道は部下に命を代償して主君の恩賞に報いる精神である。武士道の7つの方面の中で、忠義は武士道の魂、武士道の核心、重要な地位を占める。どんなに貴重な命も忠義のために犠牲したら後悔しない。
2 武士道の源と発展
武士道精神は武士階級が実際の戦争と生活の中でゆっくり形成した道徳準則と規律制約。武士階级は最初の8、9世紀に一定の政治的な地位や権力と土地を支配権する政治勢力で形成された。日本大化の改新後、藤原氏は、外戚専権政治を創立した、それによって天皇の実権を奪ったが、天皇は傀儡のように、権力が人の手に渡る。

源-自*六'维:论.文]网[www.lwfree.cn


地方の強豪勢力に荘園などの建設を巻き起こし、さまざまな「荘園」関係をめぐる矛盾はますます激烈になり、国の中央政治権力を失った。このような状況は阻止できなかった。だからこそ、矛盾の双方はすべて問題を武力によって解決する。官僚、貴族と地方の強豪勢力は自分の武装チームを築き上げた。その武装勢力下の傭兵は最初の武士の雛形である。その後、武士は戦争で正規の軍事力になった。約10世紀ごろ、地域の軍事力を形成していた、すなわち武士団。武士団は郷領主を中心した。武士が弓馬が得意し、さまざまな兵器の使い方に詳しい。彼たちは戦争の中で一番の勇士である。 日语论文日本武士道的忠义观分析:http://www.lwfree.cn/yingyu/20190730/36479.html
------分隔线----------------------------
推荐内容