毕业论文

当前位置: 毕业论文 > 英语论文 >

芥川龙之介的《丛林中》的利己主义探究

时间:2019-08-06 13:04来源:英语论文
芥川龍之介の『藪の中』のエゴイズムを探究する,日语论文芥川龙之介的《丛林中》的利己主义探究

摘要 《丛林中》是日本大正文坛新思潮派的代表作家芥川龙之介所著的短篇小说。故事取材于平安王朝《今昔物语集》,由出场人物个人叙述的六个短篇构成。本论文在简述芥川创作生平及《丛林中》创作概观的背景下,重点通过对《丛林中》中主要出场人物的证言、行为、动作、表情等的分析,揭开人物内心深处所隐藏的真实情感,结合芥川文学的一贯主题及作品的创作背景,对芥川文学的显著特征——利己主义进行深层次的探究。希望本论文能够对芥川文学作品和利己主义主题的理解有所帮助。38175
毕业论文关键词:利己主义 芥川龙之介 竹林中 证言 行为
要旨『藪の中』は日本大正文壇の「新思潮派」の代表作家芥川龍之介の短編小説である。この物語は『今昔物語集』から題材を採った。登場人物が叙述した六つの物語から構成した。本稿は芥川の創作生涯と『藪の中』の創作概観を述べることを背景として、主に『藪の中』の登場人物の証言、行動、表情などを分析することを通じて、その行動を引き起こす深い原因を探究してから主人公の奥深いに潜んでいる感情を明らかにする。芥川文学の一貫した主題と作品の創作背景と結びつけて、芥川文学の明らかな特徴――エゴイズムを奥底に迫って研究する。本稿が芥川の文学作品とエゴイズムという主題について理解に役たつことを望んでいる。
キーワード:エゴイズム 芥川龍之介 藪の中 証言 行動
目次
1 はじめに    1
2 『藪の中』の創作背景とエゴイズム    1
源-自*六'维:论.文]网[www.lwfree.cn

 2.1『藪の中』の創作概観    1
 2.2芥川龍之介のエゴイズム    2
3 登場人物の証言や行動からの分析    2
 3.1多襄丸の証言や行動を分析する    3
 3.2真砂の証言や行動を分析する    4
 3.3武士の証言や行動を分析する    5
4 『藪の中』のエゴイズムの探究    5
5 終わりに    6
参考文献   
謝辞    9
芥川龍之介の『藪の中』のエゴイズムを探究する
1 はじめに

 『藪の中』は日本大正文壇の「新思潮派」の代表作家芥川龍之介の短編小説である。芥川の作品はよく過去の物語から取材し、特に近代生活にかけ離れた平安王朝時代から題材を求めた例が多い。『藪の中』は『羅生門』と同様に、『今昔物語集』から題材を採った。題材内容も芸術の構造も特色があった有名な作品である。
 芥川の『藪の中』は登場人物達の証言を述べることによって主人公の複雑な心理的葛藤を描いた。今までこの作品について様々な角度から研究した論述が沢山あるが、本論文は『藪の中』の三人の当事者が告白した証言や身振りを分析することを通じて芥川文学の奥に潜んでいるエゴイズムという主題を探究する。

2 『藪の中』の創作背景とエゴイズム

 『藪の中』は日本近代の有名な文学家芥川龍之介による短編小説である。小説は『今昔物語集』の一つ説話を題材にした「王朝物」で、人間の心の闇を描いた人口に膾炙した作品である。この小説について研究するなら、まずは作品の創作背景と作家の創作主題を紹介しなければならない。
源-自*六'维:论.文]网[www.lwfree.cn

2.1 『藪の中』の創作概観
 『藪の中』は1922年発表された芥川龍之介の代表的な作品である。山科の藪の中で、一人の男の死体が発見される。この殺人事件を巡って、検非違使が集めた関係者の証言が語られた。しかし、捕らえられた多襄丸という盗人の白状による他殺、清水寺に来る女の懺悔による心中未遂、そして巫女の口を借りた死霊の物語による自殺、この三者の証言食い違い、真相は明らかにされないという内容の短編小説である。 芥川龙之介的《丛林中》的利己主义探究:http://www.lwfree.cn/yingyu/20190806/37116.html
------分隔线----------------------------
推荐内容