毕业论文

当前位置: 毕业论文 > 英语论文 >

日语论文《伊豆的舞女》与《舞姬》的主人公命运比较分析

时间:2019-08-26 20:09来源:英语论文
『伊豆の踊り子』と『舞姫』の主人公運命の比較,日语论文《伊豆的舞女》与《舞姬》的主人公命运比较分析

摘要《伊豆的舞女》发表于1926年,《舞姬》发表于1890年,都属于明治时期的作品。本文主要讲述了《伊豆的舞女》与《舞姬》中女主公命运的相同点与不同点,通过对比的方法对主人公的命运进行研究。这两部作品都描写了一对年轻男女的爱情故事,虽然他们最终都没有在一起,但是前者是以遗憾结局,后者则以悲剧结局。这既与作者不同的世界观与人生观有关系,也与熏子与爱丽斯对待感情的不同方式有关。通过研究,我们能够更好地了解明治时期的日本社会。40080
毕业论文关键词:相同点与不同点 世界观与人生观 熏子与爱丽斯
要旨『伊豆の踊り子』は1926年に発表する。『舞姫』は1890年に発表する。2部の作品は明治時期の作品に属する。本文は『伊豆の踊り子』と『舞姫』の中で女主人公運命の共通点と相違点を述べて、対比する方法を通じて主人公運命を研究する。この二つの作品は若い男女のラブストーリーを描写して、彼らは最後いっしょにできないが、前者は遺憾で結末し、後者は悲劇で結末した。これはと作者の違う世界観と人生観に関して、熏子と愛麗斯が感情に対応する違い態度に関する。研究について、私たちは明治時代の日本社会をよく知っていることができる。キーワード:共通点と相違点 世界観と人生観 熏子と愛麗斯
目 次
1 はじめに    1
2女主人公運命の共通点    1
2.1女主人公の社会地位    1
2.2川端康成と森鴎外の経歴    2
2.3日本社会の等級制度    2
3女主人公運命の相違点    3
源¥自%六:维;论-文'网=www.lwfree.cn

3.1女主人公が愛情に対しての違い態度    3
3.2 「私」と太郎は違う生活環境    4
3.3 「私」と太郎が愛情に対しての違い態度    5
3.4 「私」と太郎の思想性格    5
4おわりに    6
参考文献    7
謝辞    8
『伊豆の踊り子』と『舞姫』の主人公運命の比較
 1 はじめに
『伊豆の踊り子』と『舞姫』はとても有名である2つのストーリである。描写して、2対の若い男女は愛情に直面する時に不一致選び。そのため、彼らの感情の初め、発展、結末はすべて一定の相違が存在している。次に私は主に2人の女主人公の運命を論述する。

2女主人公運命の共通点

2.1女主人公の社会地位
二つの作品の中で、女主人公は生活するために迫って、どうしても芸能で苦しい生活を維持しに来なければならない。『伊豆の踊り子』の中で踊り子が14歳時に家族を従ってあちこち漂流する、芸能で生活を維持しに来て、はなはだしい軽べつを含んだ婆さんの言葉が、「あんな者、どこで泊まるやらわかるものでございますか、旦那様。お客があればあり次第、どこにだって泊まるんでございますよ。今夜の宿のあてなんぞございますものか」。「村落前でと甚だしきに至っては入る内に商標の乞食と芸人を立ててはならない」。ここから私たちは熏子の生活状況を見抜くことができる。『舞姫』の中で愛麗斯は家庭の暮らし向きがひんやりするため、彼女は十分な教育を受けていないで、15歳時に踊る師と勉強して、この卑しい職業を従事する。修業期間が終わった後に、維克多利亜劇場で公演して、今すでに劇場で第2位ダンサーがある。しかしながら、「されど詩人ハツクレンデルが當世の奴隷といひし如く」。身の上はとても悲惨でで、彼女の父が逝去する時に費を埋葬するのさえない。ここから見抜くのは2人の女主人が社会の下層で生活するのであることができる。その上従事していて人が好む仕事を受けない。「私」と太郎は社会の上層人に属して、これで熏子と愛麗斯の愛情の悲劇のために伏線に埋めて下きた。 日语论文《伊豆的舞女》与《舞姬》的主人公命运比较分析:http://www.lwfree.cn/yingyu/20190826/38317.html
------分隔线----------------------------
推荐内容