毕业论文

当前位置: 毕业论文 > 英语论文 >

日语论文《我是猫》苦沙弥人物性格与命运的分析

时间:2019-09-29 20:43来源:英语论文
《我是猫》苦沙弥の人物性格と命运の分析,日语论文《我是猫》苦沙弥人物性格与命运的分析

摘要长篇小说《我是猫》是夏目漱石的代表性作品。小说于1904年~1906年9月出版。这篇小说可以说是夏目漱石发泄了积了多年的愤怒而写成的。通过阅读这部作品,我们可以清楚地了解明治维新时期知识分子的思想状态。通过对苦沙弥的性格和命运的分析,来了解明治时期的知识分子们的思想,并分析夏目漱石是如何看待那时候的知识分子的。39743
毕业论文关键词:珍野苦沙弥 知识分子 明治维新 夏目漱石
要旨長編小説《吾輩は猫である》は夏目漱石の代表的作品である。この作品は1904年~1906年9月に出版した。この小説は夏目漱石の長年の積した怒りを発散するために書いた。この作品を読んで、私たちは明治維新時期の知識人の考え方をはっきり理解することが出きる。苦沙彌の性格と運命を分析するのを通じて、明治維新時期の知識人の思想を理解し、夏目漱石があの時の知識人をどんな目で見ているのかを分析する。
キーワ―ド:珍野苦沙弥  知識人 明治維新 夏目漱石
目 次
1 はじめに    1
1.1 珍野苦沙弥によって始まる    2
1.2 事件の中の知識人たち    2
2 明治維新の知識人    3
2.1 明治維新時期の知識人たち    3
2.2 知識人たちのそれぞれの対応    3
3 珍野苦沙弥の性格と夏目漱石    4
3.1 夏目漱石と珍野苦沙弥の似たところ    5
3.2 明治維新時期の教育環境    5
4 終わりに    6
参考文献    7
謝辞    8 源`自<六:维;论-文>网/www.lwfree.cn
苦沙弥の人物性格と命运の分析
1 はじめに
夏目漱石(なつめ そうせき、1867年2月9日(慶応3年1月5日)- 1916年(大正5年)12月9日)は、日本の小説家、評論家、英文学者。本名、金之助(きんのすけ)。江戸の牛込馬場下横町(現在の東京都新宿区喜久井町)出身。俳号は愚陀仏。大学時代に正岡子規と出会い、俳句を学ぶ。帝国大学(後の東京帝国大学、現在の東京大学)英文科卒業後、松山で愛媛県尋常中学校教師、熊本で第五高等学校教授などを務めた後、イギリスへ留学。帰国後、東京帝国大学講師として英文学を講じながら、『吾輩は猫である』を雑誌『ホトトギス』に発表。これが評判になり『坊っちゃん』『倫敦塔』などを書く。その後朝日新聞社に入社し、『虞美人草』『三四郎』などを掲載。当初は余裕派と呼ばれた。『修善寺の大患』後は、『行人』『こころ』『硝子戸の中』などを執筆した。『則天去私(そくてんきし)』の境地に達したといわれる。晩年は胃潰瘍に悩まされ、『明暗』が絶筆となった。
珍野苦沙弥は猫「吾輩」の飼い主で、文明中学校の英語教師(リーダー専門)である。父は場末の名主で、その一家は真宗。年齢は、学校を卒業して9年目か、また「三十面(づら)下げて」と言われる。妻と3人の娘がいる。長女から順に「とん子」「すん子」「めん子」という名前。また、おさん、という下女がいる。偏屈な性格で、胃が弱く、ノイローゼ気味である(漱石自身がモデルとされる)。あばた面で、くちひげをたくわえる。その顔は今戸焼のタヌキとも評される。頭髪は長さ二寸くらい、左で分け、右端をちょっとはね返らせる。吸うタバコは朝日。酒は、元来飲めず、平生なら猪口で2杯。わからぬもの、役人や警察をありがたがる癖がある。迷亭、水島 寒月、越智 東風、八木 独仙などの知識人組み合わせ日本の現状について批判しいる。作品は、主人公の苦沙彌を主とする明治の知識人を多くの紙面で描いた。貧しい教師苦沙彌は「学生時代から実業家が嫌い」。彼は金田を叱られたし、鈴木の名刺をトイレに捨てた。彼は金や資本家を恨んで「頑固一徹」の程度だった。美学者迷亭は機敏多智、才がある、機会があれば金田、鈴木を風刺して、彼らを窮状に陥る。理学士寒月はファッションに追わず、金持ちの金田家の婿入りにならなかった。 日语论文《我是猫》苦沙弥人物性格与命运的分析:http://www.lwfree.cn/yingyu/20190929/40151.html
------分隔线----------------------------
推荐内容